【災害時にオススメできるリーズナブルで角形の多機能・防災ラジオ付きライト・スマホ充電】今日も匍匐前進

【災害時にオススメできるリーズナブルで角形の多機能「防災ラジオ付きライト・スマホ充電機能」】今日も匍匐前進

 

こんにちは! 「今日も匍匐前進」管理人のスガタです。

 

最近発生した地震では2011年に発生した東日本大震災の余震がいまだに発生したり、震度4程度の地震がたまに来ていますね。

 

依然として南海トラフ地震、首都圏直下型地震、はたまた富士山の噴火まで危惧されている今日この頃。

 

さらに、夏場のゲリラ豪雨や台風災害での大規模風水害も心配です。。。

 

 

ところで、ご自宅で停電が発生したときすぐに手の届く所に防災ラジオ付きライトはご用意されていますか?

 

普段は非常用持ち出し袋や市販の防災セットのリュックの中に「多機能ラジオライト」は入れてあるけど、、、寝室やリビングでいざという時にすぐ使える「多機能ラジオライト」も別に用意しておけば「いざという時」に心強いです。

 

様々な形状の防災用ラジオライトが市販されていますが、当然のことながら私が買ってみて「これは良い!」と思ったダイナモ発電「多機能ラジオライト」が一つだけあります。

 

 

そこで、皆さんにも私が自信を持ってオススメできる本棚や棚の上にチョコンと置いておけるリーズナブルで使い勝手の良い角形・スリムなボディ・スマホ充電機能のある多機能「防災ラジオ付きライト」を口コミ情報も添えてご紹介します。

 

↑何やら修飾語が多い文章になってしまいましたが…。

 

 

 

角形でスリムな多機能「防災ラジオ付きライト」

角形でスリムな多機能「防災ラジオ付きライト」、しかもリーズナブル

 

 

こちらの「多機能ラジオライト」は、防災グッズ専門店「セーフティ プラス」さんの公式ページから通販で単品購入しました。

 

価格は¥4,300 (税込)です。

 

これだけを購入すると送料が800円ですが…。(沖縄,離島は別途お見積もり。)

 

でも、送料を足して5,100円なのです。

 

他の「多機能ラジオライト」と比較しても価格的にリーズナブルな商品です。

 

 

「セーフティ プラス」さんは、丁寧なご対応と迅速な発送でした。

 

ちなみに、この多機能ラジオライトは防災グッズ専門店「セーフティ プラス」さんの防災セットに標準で入っています。

 

で、このページでは何故ご推奨しているのか、その理由を皆さんにご説明いたします。

 

 

オマケの話なのですが、、、「お客様の声」として商品到着後にレビュー投稿すると「エアー枕・アイマスク・耳栓」がプレゼントで後日送られてきます。

 

「セーフティ プラス」さんからのプレゼントで貰えた「エアー枕・アイマスク・耳栓」

「セーフティ プラス」さんからのプレゼントで貰えた「エアー枕・アイマスク・耳栓」

 

これは避難所生活を余儀なくされてしまったとき、安眠に欠かせないアイテムですね!

 

 

こちらの記事が、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

納得のいく高品質さと多機能性について解説

 

私が特に気に入った点は次の3点

 

私は、防災セットをご紹介する記事を書いているので、数多くの多機能ラジオライトを見てきました。

 

先ほどもお話しましたが、私はこの防災用ラジオライトが一番気に入っています。

 

 

こちらの「防災ラジオ付きライト」には、ざっと8種類の機能が搭載されています。

 

その中で、私が重要と考えている3点がピッタリと合致しました。

 

①LED懐中電灯とランタン機能

 

・LED懐中電灯とランタン機能がこれ1個で賄えます。

 

・明るさも十分な光量があります。

 

・懐中電灯は5LEDライトです。

 

LED懐中電灯機能

LED懐中電灯機能

 

 

・ランタンは8LEDライトです。

 

ランタン機能

ランタン機能

 

 

②角形なので置きやすい。

 

・角形なので置きやすく使い勝手が良い。(←これは結構重要です。)

 

角形なので置きやすく使い勝手が良い多機能ラジオライト

角形なので置きやすく使い勝手が良い多機能ラジオライト

 

・大きさは高さ約21cm、横幅は約13cm、厚みは約5cmです。

 

・B5版サイズ(257mm×182mm)よりもひと回り小さいサイズです。

 

高さ約21cmの防災用角形多機能ラジオライト

高さ約21cm

 

横幅は約5cmの防災用角形多機能ラジオライト

横幅は約13cm

 

厚みは約5cmの角形多機能ラジオライト

厚みは約5cm

 

この大きさだと本棚にも収納しておけますね!

 

 

③ダイナモ発電レバー

 

・いざという時に、ダイナモ発電レバーが壊れてしまっては困りますよね。。。

 

・でもこちらのダイナモレバーは丈夫に作られています。

 

・大きめで丈夫、回しやすい手回しダイナモ発電レバーです。

 

・内蔵されている大容量モバイルバッテリー(2300MAH)に手回し発電するには約5分くらい回します。

 

・回しにくい手回しレバーだと腕や手が疲れるので大変ですが、こちらのレバーは程よく回しやすいです。

 

大きめで丈夫な手回しダイナモ発電レバー

大きめで丈夫な手回しダイナモ発電レバー

 

 

回しやすい手回しダイナモ発電レバー

回しやすい手回しダイナモ発電レバー

 

 

 

その他の機能について

 

④内蔵モバイルバッテリー充電

 

・大容量の内蔵モバイルバッテリー(2300MAH)が内蔵されています。

 

・モバイルバッテリーへの充電方法は次の4通りがあります。

 

 

1)家庭用コンセントから

 

・内蔵バッテリー充電専用のマイクロUSBケーブルが付属しています。

 

内蔵バッテリー充電専用のマイクロUSBケーブルが付属

 

 

・内蔵バッテリーへの充電はスマホ用のUSB充電アダブターかパソコンのUSB端子を使って行います。

 

内蔵モバイルバッテリー充電とスマホへの充電兼用のUSB端子

内蔵モバイルバッテリー充電とスマホへの充電兼用のUSB端子

 

 

・充電中はランタン側に赤い十字のLEDランプが点灯します。

 

充電中はランタン側に赤い十字のLEDランプが点灯

赤い十字のLEDランプが点灯

 

 

2)手回しダイナモ充電

 

・先ほども書きましたが、大きめで丈夫、回しやすい手回しダイナモ発電レバーです。

 

・手回し充電中もランタン側に赤い十字のLEDランプが点灯します。

 

・手回し発電するには約5分くらい回します。

 

・回しにくい手回しレバーだと腕や手が疲れるので大変ですが、こちらのレバーは程よく回しやすいです。

 

手回しダイナモ充電・多機能ダイナモラジオライト

手回しダイナモ充電

「セーフティ プラス」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

 

3)ソーラーパネルでの充電

 

・災害時は「使えるものは何でも有効利用」が基本です。

 

・どれくらいの時間、日光に当てるのかは検証していませんが、晴れている日はお日様の力も借りましょう!

 

ソーラーパネルでの充電

ソーラーパネルでの充電

「セーフティ プラス」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

4)乾電池からの充電

 

・別途に用意の単三乾電池3本を使います。

 

・このラジオライトを単品で買った場合は単三乾電池が付いて来ません。

 

電池ボックスのフタを開けるドライバーは付属

 

 

・電池ボックスのフタを開けるドライバーは付属しています。

 

電池ボックスのフタを開けるドライバー

 

 

⑤スマホへの充電

 

・本体側面に内蔵モバイルバッテリー充電とスマホへの充電兼用のUSB端子が付いています。

 

内蔵モバイルバッテリー充電とスマホへの充電兼用のUSB端子

内蔵モバイルバッテリー充電とスマホへの充電兼用のUSB端子

 

 

・こちらの防災用ラジオライトを単品で購入した場合は、本体充電用のUSBケーブルのみとなりますので、スマホへの充電は手持ちのUSBケーブルで行うようになります。

 

多機能ラジオライトからのスマホへの充電

多機能ラジオライトからのスマホへの充電

 

 

 

 

⑥FM/AMラジオの機能

 

・FM/AMラジオはマンションの室内でも十分に聴くことができました。

 

・ラジオ使用中はランタン側の赤い十字のLEDランプが点灯します。

 

防災用AM/FMラジオ

「セーフティ プラス」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

 

・ラジオのアンテナを引き伸ばすと高さは約51cmになります。

 

ラジオのアンテナを引き伸ばすと高さは約51cm

ラジオのアンテナを引き伸ばすと高さは約51cm

 

 

⑦サイレン機能

 

・大音量のサイレン機能が付いています。

 

※スマホへ充電するときの切り替えスイッチ(右側)と同じスイッチなので、スマホへ充電し終えた後にスイッチを中央に戻すとき行き過ぎてサイレンが鳴ってしまうことがあるので操作は要注意です。

 

【災害時にオススメできるリーズナブルで角形の多機能・防災ラジオ付きライト・スマホ充電】今日も匍匐前進

「セーフティ プラス」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

 

⑧ブルートゥース、マイクロSDカードで好きな音楽を再生

 

・災害時にストレスが溜まったとき、好きな音楽をスマホからのブルートゥース、またはマイクロSDカードに入れておくことで聴くことができます。

 

【災害時にオススメできるリーズナブルで角形の多機能・防災ラジオ付きライト・スマホ充電】今日も匍匐前進

「セーフティ プラス」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

 

・マイクロSDカード対応機能は、添付の取扱説明書に記載がありませんが使えます。

 

・それからマイクの使い方の説明がないのが残念です。。。

 

多機能ラジオライト添付の取扱説明書

添付の取扱説明書

 

 

ブルートゥース、マイクロSDカード対応機能

ブルートゥース、マイクロSDカード対応機能

 

 

以上のような機能満載の「防災ラジオ付きライト」です。

 

 

 

こちらの「多機能ラジオライト」は、防災グッズ専門店「セーフティ プラス(Safety Plus)」さんの公式ページから通販で単品購入できます。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

こちらの多機能「防災ラジオライト」は次のような8種類の機能性と特徴があります。

 

①LED懐中電灯とランタン機能

 

・LED懐中電灯とランタン機能がこれ1個で賄えます。

 

 

②角形なので置きやすい。

 

・大きさは高さ約21cm、横幅は約13cm、厚みは約5cmです。

 

 

③ダイナモ発電レバー

 

・大きめで丈夫、回しやすい手回しダイナモ発電レバーです。

 

 

④大容量内蔵モバイルバッテリー(2300MAH)

 

・家庭用コンセントから充電可能

 

・手回しダイナモ充電

 

・ソーラーパネル充電

 

・単三乾電池3本での充電

 

 

⑤スマホへの充電

 

・日常お使いのスマホUSB充電ケーブルが別途必要になります。

 

 

⑥FM/AMラジオの機能

 

・FM/AMラジオはマンションの室内でも十分に聴くことができました。

 

 

⑦大音量サイレン機能

 

・何dBかは取説に記載がありませんが、かなり大きい音です。

 

 

⑧ブルートゥース、マイクロSDカードで好きな音楽が聴ける。

 

・お好きな音楽をスマホからのブルートゥース、またはマイクロSDカードに入れておくことで聴くことができます。

 

 

本商品は、中国製ですが十分に使える性能があります。

 

 

緑色もあるみたいですが、注文時に選べないのがちょっとだけ残念でした。

 

まあ、防災用として買ったので私としては色には拘っていません(笑)。

 

 

ご紹介した「多機能ラジオライト」は、防災グッズ専門店「セーフティ プラス(Safety Plus)」さんの公式ページから通販で単品購入できます。

 

「セーフティ プラス」さんは、丁寧なご対応と迅速な発送でした。

 

価格は¥4,300 (税込)です。

 

これだけを単品で購入すると送料が800円ですが…。(沖縄,離島は別途お見積もり。)

 

でも、送料を足して5,100円なのです。

 

商品税込合計金額が 10,800円以上になると、送料無料です。

 

 

他の「多機能ラジオライト」と比較しても価格的にリーズナブルな商品です。

 

商品到着後1週間以内にレビュー投稿すると「エアー枕・アイマスク・耳栓」がプレゼントで後日送られてきます。(※在庫がある限り)

 

「セーフティ プラス」さんからのプレゼントで貰えた「エアー枕・アイマスク・耳栓」

「セーフティ プラス」さんからのプレゼントで貰えた「エアー枕・アイマスク・耳栓」

 

 

良い商品なので私から自信を持って皆さんにお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

セーフティ プラス防災セット・1人用と2人用のご紹介
【女性にもピッタリ・さりげなくオシャレでコンパクトなセーフティ プラス防災セット・1人用と2人用のご紹介】今日も匍匐前進

 

オシャレでコンパクト、豊富な防災アイテム、セーフティ プラスの高級防災セット・1人用
【オシャレでコンパクト、豊富な防災アイテム、セーフティ プラスの高級防災セット・1人用のご紹介】今日も匍匐前進

 

【オススメできるスマホ充電多機能ラジオライト付きでリーズナブルなセーフティ プラス防災セット・2人用
【オススメできるスマホ充電多機能ラジオライト付きでリーズナブルなセーフティ プラス防災セット・2人用のご紹介】今日も匍匐前進

 

 

スガタの防災の備えに関わるコラムです。

 

●阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震の大規模地震の事例と自然災害に対する官公庁の取り組みと問題点を調べ、生活必需品備蓄の必要性をまとめました。

 

【大規模地震の事例から考える生活必需品備蓄の必要性】今日も匍匐前進

 

 

●自然災害対策での備蓄の考え方を①「自宅備蓄品」、②「避難時の持ち出し品」、③「自宅の安全対策」の3つに分けて備蓄品や対策のリストを独自に作成しました。

 

【災害での備蓄の考え方・防災用品家庭備蓄と持ち出し品リスト・ライフハックの知恵】今日も匍匐前進

 

 

●令和元年台風15号の停電と断水被害についての事例と地方自治体の災害対応の問題についてまとめました。

 

【関東地方を直撃した台風15号の事例・停電と断水被害について・怒りのコラム】今日も匍匐前進

 

 

●令和元年台風19号の水害と停電被害では、自衛隊の給水車を県庁が追い返した事例について言及しています。

 

【関東から東北に甚大な水害と停電被害・令和元年台風19号・行政に対する怒りのコラム】今日も匍匐前進