【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に必要な防災グッズ】今日も匍匐前進

 

 

こんにちは! 「今日も匍匐前進」管理人こと、長年会社で防火管理者と地震対策を担当していたスガタです。

 

 

近年、大地震や地球温暖化によるゲリラ豪雨、台風など自然災害が多発している日本列島。

 

今や防災意識の高まりとともに、自然災害時の非常時持ち出し品として不自由な生活を補うための様々な防災セットが発売されています。

 

きちんとした防災セットや防災グッズを取り揃えられる方が増えています。

 

しかしながら、市販されている防災セットは本当に必要なものなのか疑問をお持ちの方も居ると思います。

 

また、せっかくお金を出して購入しても防災セットの内容が気に入らなかったり、不満を持たれる方も居られると思います。

 

様々な防災グッズの中身に違いがあるので、よく知ってから購入しないとセット内容で後悔する場合もあります。

 

そこで例として、人気があり販売個数が多い防災グッズメーカーの「LA・PITA(ラピタ)」さんと「ディフェンドフューチャー」さんの各種19種類の防災セット構成を一覧表で比較し、さらに視点を変えてそれぞれに絶対に必要で足りない持ち出し品や必要性の高い防災グッズも表で示しながら口コミ情報も交えて説明していきます。

 

防災セットの中身

 

 

このページの目次
  1. 【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に必要な防災グッズ】今日も匍匐前進
  2. 「LA・PITA」さんと「Defend」さんの各シリーズ防災セット17種類の防災グッズ内容比較
  3. 防災セットの中身で必要なもと足りないものを表で比較確認
  4. 車載用防災セット・帰宅困難者用防災セットについて
  5. ☆まとめ☆彡

 

 

持ち出し品の防災セットや食料備蓄の必要性について

 

防災セットを揃える前に知っておきたいこと

 

自然災害発生時に国や自治体が、すぐに食料や飲料水、毛布などの救援物資を災害発生地域に輸送して配給してくれるものだと考えてはいけません。

 

何故そんなことを言うのか、現状を最初にご説明します。

 


 

 

国としては農林水産省や厚生省で、災害救援の食糧について大災害の過去事例から取り決めや整備を進めてすますが、、、。

 

 

 

しかしながら、大都市を抱えている地方自治体以外の県庁などでは過去の災害事例から、災害救援物資の要請に対応できる県の職員数が少なかったり、対応に不慣れで大混乱になることが予測されます。

 

 

実際は、全国から集まる救援物資の仕分け作業が大変なのですが、これは地方自治体が民間企業へ委託して3~4日後にやっと機能してくるのです。

 

食料や毛布などを備蓄品も含めて周辺からかき集めたとしても、避難所単位で避難で集まった住民の人数に対して物資の個数が足りない場合は避難した方々の混乱や不公平さの不満を回避するために食糧を配布しない場合もあります。

 

ここいら辺の判断はルールがなく、避難所単位で独自に決められます。

 

 

 

また、給水車は全国に約1,000台、地方都市では数台しかありません。

 

近隣の都道府県からの給水車応援の体制が本格的に整うのは、過去の事例を調べてみると約1週間後です。。。

 

災害発生当初から数日間は、数万人の方々が1台の給水車に頼らざる負えない状況です。

 

熊本の大地震のときは、震度6弱の地震が多発し貯水地の水が濁り、給水できる貯水池が1ヶ所しかないというケースもありました。

 

 

 

一方で地域災害の場合、県知事は自衛隊の災害派遣活動を要請する訳ですが、怪我人の救援は積極的に要請するが避難した方々への必要物資輸送は国が動かない限り民間任せといった場合も想定されます。

 

 

 

陸上自衛隊のへり救出訓練

陸上自衛隊のヘリ救出訓練

 

自衛隊そのものは近傍派遣という形で駐屯地周辺への備蓄品の物資配給はできますが、地方自治体の知事が要請しない限り、または首相官邸の災害対策本部が要請しない限り全国の自衛隊は勝手に、大規模に、組織的に動くことが難しいのです。

 

 

常に災害派遣出動に備えている陸上自衛隊のトラック

常に災害派遣出動に備えている陸上自衛隊のトラック

 

 

つまり、大都市圏以外での地方の市町村で発生した大きな自然災害では自衛隊の水、食糧、毛布などの救援物資輸送力(大型輸送ヘリを含む)をうまく活用していない場合が多々あります。

 

 

自衛隊の大型輸送ヘリCH-47「チヌーク」

陸上自衛隊の大型輸送ヘリCH-47「チヌーク」

陸上自衛隊は2018年3月末時点で56機。

航空自衛隊では15機。合計で71機。

1機で5トン~7トンの物資輸送、または55名の人員を救助。

 

 

大体は、「想定外」という便利な日本語で対応の不具合を括ってしまうこともありがちだと思います。。。

 

 

災害発生した直後から私達民間人は、大地震や洪水の危険かを自分自身で身の安全を守ることと、その後の支援物資供給体制、ライフラインや物流の回復が成されるまで避難所やご自宅でじーっと耐えるしかなのです。

 

何らかの自己防衛策として、持ち出し品の準備と1週間くらいの食料と飲料水、生活用水の備蓄をすることを農林水産省と首相官邸から呼びかけられています。

 

ご参考リンク

 

農林水産省さんの動画です。

 

こちらの動画では、ご自宅での食料と飲料水の備蓄についてローリングストック法を紹介しています。

 

 

農林水産省HP 緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド

 

首相官邸「災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~」

 

 

 

もしよろしければ、こちらの私のコラム記事もお読みください。

 

内閣府や各官公庁発行の資料から阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本大地震の事例と農林水産省、首相官邸、NHK、報道などの災害に備える資料のおまとめ記事です。

 


 

●阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震の大規模地震の事例と自然災害に対する官公庁の取り組みを調べ、生活必需品備蓄の必要性をまとめました。

 

【大規模地震の事例から考える生活必需品備蓄の必要性】今日も匍匐前進

 

●自然災害対策での備蓄の考え方を①「自宅備蓄品」、②「避難時の持ち出し品」、③「自宅の安全対策」の3つに分けて備蓄品や対策のリストを独自に作成しました。

 

【災害での備蓄の考え方・防災用品家庭備蓄と持ち出し品リスト・ライフハックの知恵】今日も匍匐前進

 

●令和元年台風15号の停電と断水被害についての事例と地方自治体の対応の問題についてまとめました。

 

【関東地方を直撃した台風15号の事例・停電と断水被害について・怒りのコラム】今日も匍匐前進

 

●令和元年台風19号の水害と停電被害では、自衛隊の給水車を県庁が追い返した事例について言及しています。

 

【関東から東北に甚大な水害と停電被害・令和元年台風19号・行政に対する怒りのコラム】今日も匍匐前進

 

 

自然災害に対する地方自治体の状況を少しご理解して頂けたでしょうか…?

 

ご存知のように南海トラフ地震も危惧されています。

 

また、温暖化が進み日本の気候も変化し、大型の台風被害や集中豪雨での自然災害が増えてきます。

 

特に夏から秋にかけて、太平洋の海水温上昇での大型台風が気になるところです。

 

京都議定書の取り決めや地球温暖を多くの研究機関、学者さんが指摘していますが、

 

2018年にお亡くなりになられた「車いすの天才科学者」・理論物理学者のスティーヴン・ウィリアム・ホーキング博士は数々の名言を残されましたが、地球温暖化による気候変動も大変危惧されていました。

 


 

災害発生時に先ずは、慌てずにご自身の身を危険から守ることと、予めご家族や実家、ご親戚、職場や学校などへの連絡方法を予め話し合っておくことが重要です。

 

また、災害時のいざという時のために防災用品と食料、飲料水の準備は欠かさずに備えておくことをお薦めします。

 


 

 

 

災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

少しでも円滑に避難用の防災セットが選べるように、こちらの記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

 

「LA・PITA(ラピタ)」さんと「ディフェンドフューチャー」さんの各種防災セット全19種類のセットの人気の理由

 

「LA・PITA(ラピタ)」さんと「ディフェンドフューチャー」さんの防災セットはお客さんに支持されている

 

何といっても、こちらの2社さんの防災セット販売個数実績はどんどんと増えています。

 

 

「LA・PITA」さんのSHELTERシリーズの公式ページでは、

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

 

「LA・PITA」さんのラピタプレミアムシリーズの公式ページでは、

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

 

「ディフェンドフューチャー」さんの公式ページでは、

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

 

 

こちらの2社は楽天市場での売り上げ個数が1、2を争っています。

 

それだけ、防災セットを求めるお客さんの支持を集めている人気防災セットということになります。

 

 

そこで、人気があり販売個数が多い防災グッズメーカーの「LA・PITA(ラピタ)」さんと「ディフェンドフューチャー」さんの代表的な防災セット構成を例に挙げて一覧表で比較し、その後にそれぞれに絶対に必要で足りない持ち出し品や必要性の高い防災グッズも表で示しながら説明していくことにしました。

 

 

「LA・PITA」さんと「Defend」さんの防災セットの特徴は?

 

「LA・PITA」さんの防災セットは、「Shelter シリーズ」、「ラピタ プレミアムシリーズ」、「ものすごい防災セット」、「水に浮く防災セット」などニーズに合わせたリュックサックのデザインや大きさなどの種類が豊富です。

 

 

一方、「Defend」さんの防災セットは、現在 Relief (1人用)、Relief (2人用)の2種類で、保存食と保存水が「LA・PITA」さんよりも少し充実しています。

 

リーズナブルなDefend Connect 1人用、2人用は無くなってしまいました。。。

 

「LA・PITA」さんもリーズナブルな「Bセット」とか「Cセット」、在庫品の保存食を付けたフードスペシャルとかも無くなってしまいましたね。。。

 

 

と言うことで、先ずはこのページで一挙に比較していくのは次の1人用、2人用、3人用の17種類の防災セットにしました。

 

これらのうち1人用で代表的な7種類を横並びの一覧表で比較できるようにしました。

 

また、2人用4種類、3人用2種類も横並びの一覧表で比較できるようにしました。

 

 

次に、車載セットと帰宅困難者用のセットの2種類をご参考として追加でご紹介することにします。

 

【「LA・PITA」さんの防災セット・15種類】

 

・LA・PITA Shelter 1人用、2人用、3人用の3種類
・LA・PITA Shelter 女性用 Megumi 1人用の1種類
・LA・PITA Shelter キッズセット 1人用の1種類
・LA・PITA Shelter FAMILYベビーセット 1人用の1種類
・LA・PITA Shelter オサメットとファイアーカットが付いた1人用、2人用の2種類

 

・LA・PITA ラピタ プレミアム 1人用、2人用の2種類
・LA・PITA ラピタ トートバッグ防災セット・toto」の1種類

 

・LA・PITA 3WAYキャリータイプ・ものすごい防災セット 1人用、2人用、3人用の3種類

 

・LA・PITA 水に浮く防災セット 1人用の1種類

 

【「Defend」さんの防災セット・2種類】

 

・Defend Relief 1人用、2人用の2種類

 

 

【「LA・PITA」さんの車載セットと帰宅困難者用防災セット・2種類の内容】

 

・車載用防災セット カーセーバー
・エマージェンシーバッグ 15点セット

 

 

 

「LA・PITA」さんと「Defend」さんの各シリーズ防災セット17種類の防災グッズ内容比較

 

「ラピタ エマンジェシー」さんと「ディフエンドフューチャー」さんの1人用防災セット10種類の中身を一覧表で比較

 

先ずは代表的な7種類の1人用防災セットから

 

先ずは、売り上げ個数が半端ない防災グッズメーカー「LA・PITA(ラピタ)」さんと防災用品ブランド「Defend Future(ディフエンドフューチャー)」さんの1人用防災セットで代表的な7種類の中身の比較をしてみます。

 

 

リュックサックの機能性に特徴がある「LA・PITA」さんからは次の6種類。

 

 

1)「SHELTER (シェルター) プレミアム」…1万円強で基本的な防災用品が整った防災セット

 

「SHELTER (シェルター) プレミアム」1人用

「SHELTER (シェルター) プレミアム 1人用」公式ページ

 

2)「SHELTER 女性用 MEGUMI」…女性のために特化した衛生用品、身だしなみグッズが特徴

 

「SHELTER 女性用 MEGUMI」

「SHELTER 女性用 MEGUMI」公式ページ

 

 

3)「SHELTER FAMILY ベビータイプ」…赤ちゃんのために特化したベビー用品が特徴

 

「SHELTER FAMILY ベビータイプ」

「SHELTER FAMILY ベビータイプ」公式ページ

 

 

4)「ラピタ プレミアム」…おしゃれで防水性に優れているリュックとLA・PITAさんで一番防災グッズが充実している最高級の防災セット

 

「ラピタ プレミアム」

「ラピタ プレミアム 1人用」公式ページ

 

 

5)「ものすごい防災セットプレミアム」…3WAYタイプの転がす、手持ち、背えるリュックが最大の特徴

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

「ものすごい防災セットプレミアム 1人用」公式ページ

 

 

6)「水に浮く防災セット」…その名の通り約80kgまで水に浮かすことができるリュックが特徴

 

「水に浮く防災セット」

「水に浮く防災セット」公式ページ

 

 

7)「Relief (リリーフ)」…最小限ながら防災グッズと保存食が管理栄養士さんによって保存食が考えられている。

 

「Defend」さんではこの1種類です。

 

Defend Relief 1人用

防災士厳選の防災グッズ43点セット【ディフェンドフューチャー】公式ページ

 

 

7種類の1人用防災セット比較一覧表

 

こちらの一覧表では、各防災セットのセット内容と仕様の概要、個数の比較表になっています。

 

また、防災用品の用途によって「リュックサック」、「多機能ライト、照明等」、「保存食・飲料水・ヒートパック・タンク」、「寝具・ポンチョなど」、「衛生関連用品」、「防犯・ケガ防止」、「雨具、他」などに分けています。

 

女性用MEGUMIとFAMILY ベビーセット・ベビー用品で特化している用品は表の下に区分けして記載しています。

 

※表中では「SHELTER」は「プレミアム」の表記を省略しています。

 

 

価格は税込み

防災セット一人用の比較一覧表

 

各種防災グッズの画像は、「防災セットの中身で必要なもと足りないものを表で比較確認」に掲載しています。

 

 

1人用防災セット7種類の違いの概要

 

セット内容のグッズが有ったり無かったり、微妙に違っていたりで悩まれる方も居られるかもしれませんね。

 

次に、価格帯の違いということもありますが、各1人用防災セットのセット内容を比較して、違いのある点についてまとめます。

 

「LA・PITA」さんと「Defend」さんのリュックサックには、ちょっと違いがあります。

 

「LA・PITA」さんのリュックは、いずれのシリーズでも、

 

・リュックの肩への衝撃を吸収するクッション付き幅広ショルダーベルト

 

・走ったときなどに体に密着するチェストベルト

 

がリュックの機能として備わっていますが、、、。

 

「Defend」さんのリュックの良いところは、型崩れしにくいしっかりとしたリュックです。

 

しかしながら、「Defend」さんのリュックサックは、ショルダーベルトにクッションが無く、チェストベルトも付いていません。

 

 

2~3日間生き抜くのに、保存食3食分が基本となります。

 

保存水は500ml、3~5本でアルファ米1袋に160mlの水を使うので1本はアルファ米3食分にとっておくことになります。

 

なので、保存食と水は本当に最低限の量です。

 

 

関連記事

 

何故、最低3日、できれば1週間分の食料と飲料水が必要なのか、大規模地震の事例で説明しています。

 

【大規模地震の事例から考える生活必需品備蓄の必要性】今日も匍匐前進

 

 

1) 「SHELTER (シェルター) プレミアム」1人用

 

 

・リュックは大容量の35リットルサイズ。

 

・リュックのクッション付き幅広ショルダーベルトで肩への衝撃を吸収。

 

・走ったときなどに体に密着するようにチェストベルト付き。

 

・リュックのチェストベルトに新機能「居場所を知らせるホイッスル」が追加されました。

 

・大切な小物を入れるポケット

 

SHELTER (シェルター) プレミアムのリュックサック

SHELTER (シェルター) プレミアムのリュックサック

 

 

・保存食のアルファ米に水を加えた後に温めて早くお米をふやかすモーリアンヒートパックが付いていません。⇒別途購入をおすすめします。

 

※アルファ米そのものは、温めていない水でも食べられるようにはなりますが、柔らかくなるまでにおよそ1時間かかります。

 

※熱湯では20~30分、モーリアンヒートパックでは約15分で食べられるようになります。

 

・避難所などで安眠に必要なアイマスクと耳栓が付いていません。

 

防災セットSHELTERの非常食

防災セットSHELTER 1人用の非常食

 

・KAGOME野菜ジュース野菜一日これ一本が1本付きます。

 

 

防災セットSHELTER 1人用の重さ

防災セットSHELTER 1人用の重さは、4.7Kgです。

 

 

 

2) 「SHELTER 女性用 MEGUMI」(1人用のみ)

 

シェルターと比較すると、、、。

 

・おやつ的な副食と野菜ジュースがなくなります。

 

・女性用として次の衛生・エチケット用品が8点増えます。

 

✅洗顔・化粧水・乳液の3点セット
✅生理用品(ナプキン)1袋22枚入り
✅カミソリ
✅ヘアーブラシ
✅歯ブラシセット
✅不織布ショルダーバッグ
✅スリッパ
✅3mロープ
✅防犯ブザー
✅水のいらないシャンプー250ml、1本が加わります。

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

 

・洗顔・化粧水・乳液の3点セット

・生理用品(ナプキン)1袋22枚入り

・日本産歯ブラシセット

・カミソリ

・ヘアーブラシ

・水のいらないシャンプー

 

スリッパ

3mロープ

防犯ブザー

水のいらないシャンプー

防災セットMEGUMIのスリッパ 防災セットMEGUMIの3mロープ 防災セットMEGUMIの防犯ブザー 防災セットMEGUMIの水のいらないシャンプー

 

 

 

 

3) 「SHELTER FAMILY ベビータイプ」(1人用のみ)

 

 

シェルターと比較すると、、、。

 

・多機能ダイナモラジオライトが、小型軽量のスマホ対応ダイナモライト(モバイルバッテリー機能あり)に替わりFM/AMラジオ機能がなくなります。

 

※ラジオ機能がないので、別途小型のFM/AMラジオを準備されることをお薦めします。

 

・保存食のアルファ米3食分が無くなり、クッキー3種類に替わります。

 

※大人用の保存食が心もとなくなります。せめて3食分は別途準備しておくことをおすすめします。

 

・粉ミルク用に7年保存水500mlが2本増えて5本になります。

 

・赤ちゃん用として必要な次のベビー用品が5点増えます。

 

✅BOS防臭袋 Sサイズ30枚入
✅かんたん湯沸かし器POT
✅使いきり哺乳ボトルチュー・250ml(4本)
✅おしりふきシート72枚入
✅コットンガーゼ10枚入り

 

 

※粉ミルクは付属していません。⇒別途用意する必要があります。

 

ベビー用品として、

 

・使いきり哺乳ボトル チューが4本と・かんたん湯沸かし器POT(5回使用)

 

使いきり哺乳ボトル チュー

使いきり哺乳ボトル チューです。

消毒不要で、すぐに使えます。ミルクの吸出し量が3段階にコントロールの250mlジャバラ式ボトル

 

 

・衣類圧縮袋が2枚加わります。

 

・簡易寝袋が圧縮あったかブランケットに替わります。

 

・エアーマットが、ビニールに不織布で覆われていて肌触りのよい高級品に替わります。

 

・衣類圧縮袋、BOS防臭袋 Sサイズ、おしりふきシート、あったか圧縮ブランケット

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

ヘビー用衛生用品とあったか圧縮ブランケット

 

「アットレスキュー」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

あったか圧縮ブランケット

不織布付きエアーマット

あったか圧縮ブランケット 不織布付きエアーマット

 

 

 

 

4) 「ラピタ プレミアム」1人用

 

シェルターと比較すると、、、。

 

・シェルターリュックは撥水加工ですが、ラピタリュックは防水性が遥かに向上しています。

 

・ラピタリュックは、オシャレなデザインで24リットルサイズなので重くなりすぎず女性に人気です。

 

・ラピタのリュックはポケットが1箇所のみ、リュックのフタはリュック上面となります。

 

ラピタ プレミアムのリュックサック

ラピタ プレミアムのリュックサック

 

 

・シェルターの防災グッスよりも、次の7点が増えます。

 

✅モーリアンヒートパックMサイズ3回分
✅衣類圧縮袋
✅アイマスク
✅耳栓
✅歯磨きティシュ
✅水のいらないシャンプー
✅簡易洗濯パック

 

 

 

モーリアンヒートパックMサイズ

衣類圧縮袋と簡易洗濯パック アイマスク 耳栓 歯磨きティシュと水のいらないシャンプー
モーリアンヒートパックMサイズ 衣類圧縮袋と簡易洗濯パック アイマスク 耳栓 歯磨きティシュと水のいらないシャンプー

 

 

・エアーマットが、ビニールに不織布で覆われている高級品に替わります。

 

・ウォーターバッグ6Lがウォーターバッグ10Lに替わります。

 

不織布付きエアーマット 10リットルウォーターバッグ
不織布付きエアーマット 10リットルウォーターバッグ

 

「ラピタ プレミアム」1人用の重量

ラピタ プレミアム 1人用の重量は、5.4Kgです。

 

 

 

5) 「ものすごい防災セットプレミアム」1人用

 

・リュックの容量は27リットル。

 

・最大の特徴は、リュックとして背負う、手で持つ、キャスターを使って転がす3WAYタイプのリュックサックです。

 

ものすごい防災セットプレミアムのリュックサック

ものすごい防災セットプレミアムのリュックサック

 

※3WAYタイプのリュックは単品では販売されていません。

 

 

・シェルターシリーズと同様に、保存食のアルファ米と水で早くお米をふやかすモーリアンヒートパックが付属していません。⇒別途購入をおすすめします。

 

・避難所などで安眠に必要なアイマスクと耳栓が付いていません。

 

・KAGOME野菜ジュース野菜一日これ一本が2本付きます。

 

・エアーマットが、ビニールに不織布で覆われている高級品になります。

 

・衣類圧縮袋が付属しています。

 

不織布付きエアーマット 衣類圧縮袋
不織布付きエアーマット 衣類圧縮袋

 

 

 

6) 「水に浮く防災セット」(1人用のみ)

 

 

・その名の通り約80kgまで水に浮かすことができるリュックが特徴。

 

水に浮く防災セットのリュックサック

 

※水に浮くリュックは単品では販売されていません。

 

 

・7年保存水 500mlが1本減って2本になります。

 

・KAGOME野菜ジュース野菜一日これ一本が2本付きます。

 

・避難所などで安眠に必要なアイマスクと耳栓は残念ながら付いていません。

 

・以上の点を除けば、付属の防災グッズはSHELTER (シェルター) プレミアム1人用と同じになります。

 

 

7) 「Relief (リリーフ)」1人用

 

・容量が約30リットルのリュックになります。

 

・リュックのクッション付きショルダーベルトやにチェストベルトは付いていませんが、中身を入れても型崩れしないしっかりとしたリュックサックです。

 

Defend Relief (リリーフ)のリュックサック

Defend Relief (リリーフ)のリュックサック

 

 

・手持ちとデスクライト両用のDefend ダイナモLEDラジオライトが特徴のひとつとなります。

 

・Defend ダイナモLEDラジオライトは、ソーラー充電も可能となります。

 

・iPhone用ケーブルが購入特典で付いてきます。

 

Defend ダイナモLEDラジオライト

Defend ダイナモLEDラジオライト

 

 

・ランタンは付属していません。

 

・乾電池は不要の防災セットになります。

 

・保存水は5年となりますが、500m×l4本となります。

 

・ハウス食品LLヒートレス野菜カレーが1食分入っています。

 

・モーリアン ヒートパックMサイズ3回分が付いています。

 

・こちらのセットの副食ではクッキーではなく5年パワーブーストようかんが入っています。

 

・歯ブラシが入っています。

 

・携帯洗濯パックが付属しています。

 

・新たに125~500mlのペットボトルを使うポータブルウォシュレットが付属しました。

 

・ウォータータンクは5Lとなります。

 

・簡易アルミ寝袋は付いていません。

 

・安眠に必要なアイマスクと耳栓が付いていません。

 

 

Defend防災セットの保存食と保存水

Defend防災セットの保存食と保存水

 

 

ダイナモLEDラジオライト モーリアン ヒートパックMサイズ 5Lウォータータンク Defend 携帯洗濯パック
ダイナモLEDラジオライト モーリアン ヒートパック 5Lウォータータンク Defend 携帯洗濯パック

 

新たに付属したポータブルウォシュレット

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

 

 

Defend防災セットの重さ

Defend防災セット Relifeの重さは、5.5Kgでした。

 

 

 

SHELTERの基本的セットにプラス品がある防災セット

 

8) 「オサメットとファイアーカットが付いた防災セットSHELTERプラス」 1人用★

 

・「SHELTER 1人用」にプラスされたグッズが付いたセットです。

 

「オサメットとファイアーカットが付いた防災セットSHELTERプラス」

1人用★ 16,200円(税込)

 

「オサメットとファイアーカットが付いた防災セットSHELTERプラス」 1人用

「オサメットとファイアーカットが付いた防災セットSHELTERプラス 1人用」公式ページ

 

 

※オサメットはA4サイズの折り畳み式(ジャバラ式)のヘルメットです。
※ファイアーカットは、エアゾール式簡易消火具です。

 

オサメット

オサメット

ファイアーカット

ファイアーカット

「アットレスキュー」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

 

キッズ用セットと女性に人気のトートバッグセット。

 

忘れてならない次の2種類の表も次に掲載しました。

 

9) 「LA・PITA SHELTER キッズセット」(1人用のみ)のセット内容一覧表

 

「LA・PITA Shelter キッズセット 1人用」

「LA・PITA SHELTER キッズセット」公式ページ

 

LA・PITA女性用 防災セットSHELTER(シェルター) キッズ一覧表。

 

 

10) 「LA・PITA ラピタ トートバッグ防災セット・toto」 (1人用のみ)のセット内容一覧表

 

・女性に人気のトートバックタイプの防災セットです。

 

・リュックのように背負えるのも特徴です。

 

・しかしながら、防災グッズの点数は少ないので「とりあえず持ち出す的な防災セット」になります。

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

「LA・PITA ラピタ トートバッグ防災セット・toto」公式ページ

 

ラピタ トートバッグ防災セット・toto のセット内容一覧表

 

 

ラピタ トートバッグ防災セットでは、多機能ダイナモラジオライトではなく、小型軽量のスマホ対応ダイナモライトになっています。

多機能ダイナモラジオライト

LA・PITAさんの多機能ダイナモラジオライト

 

下矢印

 

小型軽量のスマホ対応ダイナモライト

小型軽量のスマホ対応ダイナモライト

「アットレスキュー」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

 

「ラピタ エマンジェシー」さんと「ディフエンドフューチャー」さんの2人用、3人用防災セット6種類の中身を一覧表で比較

 

「LA・PITA」さんの2人用防災セットは次の3種類。

 

11) 「SHELTER (シェルター) プレミアム」2人用…リュックは1個、コスパ抜群の2人用の基本的なセットです。

 

SHELTER (シェルター) プレミアム 2人用

「SHELTER (シェルター) プレミアム 2人用」公式ページ

 

12) 「ラピタ プレミアム」2人用…防水性に優れたオシャレなリュックが人数分の2個。

 

 「ラピタ プレミアム」2人用

「ラピタ プレミアム 2人用」公式ページ

 

 

13) 「ものすごい防災セットプレミアム」2人用

 

「ものすごい防災セットプレミアム」2人用

「ものすごい防災セットプレミアム 2人用」公式ページ

 

14) 「Relief (リリーフ)」

 

「Defend」さんでの2人用防災セットは1種類です。

 

Defend 2人用

 

 

「LA・PITA」さんの3人用防災セットは次の2種類。

 

15) 「SHELTER (シェルター) プレミアム」3人用

 

 「SHELTER (シェルター) プレミアム」3人用

「SHELTER (シェルター) プレミアム 3人用」公式ページ

 

 

16) 「ものすごい防災セットプレミアム」3人用

 

「ものすごい防災セットプレミアム」3人用

「ものすごい防災セットプレミアム 3人用」公式ページ

 

 

6種類の2人用と3人用防災セット比較一覧表

 

こちらの一覧表では、各防災セットのセット内容と仕様の概要、個数の比較表になっています。

 

※表中では「SHELTER」は「プレミアム」を省略しています。

 

価格は税込み

<防災セット2人用、3人用の比較一覧表

 

各種防災グッズの画像は、「防災セットの中身で必要なもと足りないものを表で比較確認」に掲載しています。

 

 

6種類の2人用と3人用防災セットの概要

 

・ご夫婦または体がご不自由なご高齢者が居られるご家族、世帯向きの防災セットになります。

 

・2人用、3人用の各防災セットは、1人用のセットに付属する防災グッズ内容と同じ構成ですが、共用できる物はそれぞれに個数が違ってきます。

 

・特にリュックサックの個数が人数分に対して1個減るので注意してください。

 

・その分、価格はリーズナブルになりますが、リュック1個あたりの防災グッズ分担点数が増えるので重量が増加します。

 

※「ラピタ プレミアム」2人用はリュックが2個です。

 

 

11) 「SHELTER (シェルター) プレミアム」2人用

 

 

・リュックは1個、コスパ抜群の2人用の基本的なセットです。

 

SHELTER プレミアムのリュック

SHELTER プレミアムのリュック

 

 

・リュックが減る分、1人用を2セット購入するよりも税込み価格で4,860円リーズナブルになります。

 

・SHELTERの2人用では、以下のセット内容が各1個で共用となります。

 

✅SHELTERリュック
✅多機能ダイナモラジオライト
✅高輝度調光ランタン
✅6Lウォーターバッグ
✅からだふきシート
✅応急手当・救急セット エイドチーム2
✅乾電池(テスト用)単三電池 4本

 

多機能ダイナモラジオライト

高輝度調光ランタン

6Lウォーターバッグ

からだふきシート

応急手当救急セット エイドチーム2

多機能ダイナモラジオライト 高輝度調光ランタン からだふきシート 6Lウォーターバッグ 応急手当救急セット エイドチーム2

 

 

 

 

 

12) 「ラピタ プレミアム」2人用

 

 

・防水性に優れたオシャレなリュックが人数分の2個。

 

ラピタ プレミアムのリュック

ラピタ プレミアムのリュック

 

 

・1人用を2セット購入するよりも税込み価格で9,360円リーズナブルになります。

 

・ラピタプレミアム2人用のみ、リュックサックは人数分が揃うので割安感があります。

 

・ラピタプレミアムの2人用では、以下のセット内容が各1個で共用です。

 

✅多機能ダイナモラジオライト
✅高輝度調光ランタン
✅10リットルウォーターバッグ
✅からだふきシート
✅水のいらないシャンプー
✅応急手当・救急セット エイドチーム2
✅乾電池(テスト用)単三電池 4本

 

10リットルウォーターバッグ

水のいらないシャンプー

10リットルウォーターバッグ 水のいらないシャンプー

 

 

 

13) 「ものすごい防災セットプレミアム」2人用

 

・リュックの容量は27リットル。

 

・最大の特徴は、リュックとして背負う、手で持つ、キャスターを使って転がす3WAYタイプのリュックサックです。

 

ものすごい防災セットプレミアムのリュックサック

 

ものすごい防災セットプレミアムのリュック

 

※3WAYタイプのリュックは単品では販売されていません。

 

・1人用を2セット購入するよりも税込み価格で13,160円リーズナブルになります。

 

・シェルターシリーズと同様に、保存食のアルファ米と水で早くお米をふやかすモーリアンヒートパックが付属していません。⇒別途購入をおすすめします。

 

・避難所などで安眠に必要なアイマスクと耳栓が付いていません。

 

・KAGOME野菜ジュース野菜一日これ一本が2本付きます。

 

・エアーマットが、ビニールに不織布で覆われている高級品になります。

 

・衣類圧縮袋が付属しています。

 

不織布付きエアーマット 衣類圧縮袋
不織布付きエアーマット 衣類圧縮袋

 

 

 

14) 「Relief (リリーフ)」2人用

 

Defend Relief のリュック

Defend Relief の30リットルサイズリュック

 

・1人用を2セット購入するよりも税込み価格で8,800円リーズナブルになります。

 

・しかしながら、リュックが1個なので、防災グッズを詰めると重量は約8Kgになります。

 

・Relief 2人用では、以下のセット内容が各1個で共用となります。

 

✅30リットルサイズのリュックサック
✅Defend ダイナモLEDラジオライト
✅エイドクルー救急セット
✅ミニUSBケーブル

 

Defend ダイナモLEDラジオライト

エイドクルー救急セット

Defend ダイナモLEDラジオライト エイドクルー救急セット

 

 

 

 

 

15) 「SHELTER (シェルター) プレミアム」3人用

 

 

・1人用を3セット購入するよりも税込み価格で11,300円リーズナブルになります。

 

・1人用は11,800円なので、ほぼ1セット分お安くなります。

 

・SHELTERの3人用では、以下のセット内容が各1個で共用となります。

 

✅多機能ダイナモラジオライト
✅高輝度調光ランタン
✅応急手当・救急セット エイドチーム2
✅乾電池(テスト用)単三電池 4本

 

 

多機能ダイナモラジオライト

高輝度調光ランタン

応急手当救急セット エイドチーム2

多機能ダイナモラジオライト 高輝度調光ランタン 応急手当救急セット エイドチーム2

 

 

 

 

・SHELTERの3人用で2個になっているもの。

 

✅SHELTERリュック
✅6Lウォーターバッグ
✅からだふきシート

 

 

SHELTERリュックサック

6Lウォーターバッグ

からだふきシート

SHELTERリュックサック 6Lウォーターバッグ からだふきシート

 

 

 

16) 「ものすごい防災セットプレミアム」3人用

 

 

・1人用を3セット購入するよりも税込み価格で19,980円リーズナブルになります。

 

※ちょうど1人用1セット分安くなります。

 

・ものすごい防災セットプレミアムの3人用では、以下のセット内容が各1個で共用となります。

 

✅多機能ダイナモラジオライト
✅高輝度調光ランタン
✅水のいらないシャンプー
✅応急手当・救急セット エイドチーム2
✅乾電池(テスト用)単三電池 4本

 

多機能ダイナモラジオライト

高輝度調光ランタン

水のいらないシャンプー

応急手当救急セット エイドチーム2

多機能ダイナモラジオライト 高輝度調光ランタン 水のいらないシャンプー 応急手当救急セット エイドチーム2

 

 

・ものすごい防災セットプレミアム3人用で2個になっているもの。

 

✅SHELTERリュック
✅10Lウォーターバッグ
✅からだふきシート

 

 

SHELTERリュックサック

10Lウォーターバッグ

からだふきシート

SHELTERリュックサック 10Lウォーターバッグ からだふきシート

 

 

 

SHELTER 2人用のセットにプラス品がある防災セット

 

17) オサメットとファイアーカットが付いた防災セットSHELTERプラス 2人用

 

 

・オサメットとファイアーカットが付いた防災セットSHELTERプラス 2人用★ 27,000円(税込)

 

・1人用を2セット購入するよりも税込み価格で5,400円割安になります。

 

※オサメットはA4サイズの折り畳み式(ジャバラ式)のヘルメットです。

 

※ファイアーカットは、エアゾール式簡易消火具です。

 

※オサメットとファイアーカットが付いた防災セットSHELTERプラスには3人用はありません。

 

 

 

防災セットの中身で必要なもと足りないものを表で比較確認

 

「非常時の持ち出し品」リストについて

 

私が【災害での備蓄の考え方・防災用品家庭備蓄と持ち出し品リスト・ライフハックの知恵】で作成したこちらの表「非常時の持ち出し品」リストに基づいて視点を変えて防災セットの中身で必要性の高い物と重要性はちょっと低いけど持っていれば便利なモノを確認していきたいと思います。

 

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

PDF・A4版でダウンロードできます。

【転載禁止】個人様のダウンロードと印刷は自由です。

「避難時の持ち出し品」リストA4版Ver.1.01 230KB

 

 

 

 

防災セットの中身に入っていなくて必要な物

 

絶対に忘れてはいけない持ち出し品リスト

 

次の表の持ち出し品は個人所有の情報や貴重品なので、当然のことながら防災セットには自分で入れておかなければならない物になります。

 

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色の雑貨類は必要性が高い物)

公的に身分証明になるもの 顔写真付きの身分証明のコピーをおすすめします。
その他、本人の情報 血液型、緊急連絡先電話番号を書いたもの。
親戚や知人の住所録 スマホやガラケーを失ったときのために。
地域の防災マップ 自治体で指定している近隣の広域避難場所の地図
油性太いマジック 連絡、伝言や人探しのときに大きな字で書きましょう。
ノート、大きめのメモ帳 重要な連絡事項の記録など
財布・小銭 100円玉を多めに。買い物したときに、できればつり銭が不要なように。
キャッシュカード・クレジットカード・貴重品 持ち出せられるのであれば実印、銀行印、通帳など

 

✅顔写真付きの身分証明のコピーは、銀行通帳がなくても救済措置が施されます。

 

✅広域避難場所の被害が大きいとき、危険な状況のときは、臨機応変に別の避難場所に移動しましょう。

 

✅あくまでも身の安全が優先です。印鑑や通帳など避難時に咄嗟にかき集められるものではありません。事前に用意できるものを持ち出し品に加えておきましょう。

 

 

そうなると、「これとスマホを足せば十分では?」と考えられる方も居られると思います。

 

では、防災セットの防災グッズは何のために必要なのか? 考えてみる必要があるかとも思います。

 

 

それは、非常時の避難時とはいえ最低限の生活必需品も持ち出して避難しないと、避難状態が長引いたときに困らないようにしておく必要性があるからです。

 

それプラス、多種のコンパクトで軽量な便利グッズを同時に持ち出せれば、なお避難時の行動や情報収集の助けになります。

 

そこで、「LA・PITA」さんと「ディフェンド」さんの防災士さん達が、最低限プラス持ち歩けば便利な防災グッズを想定して、品質を厳選して揃えたものが前項で紹介した防災セットになっているのです。

 

その中で、ニーズに合わせたブランドごとの差別化が価格差とともにあるのでセット内容が様々になっているのです。

 

 

防災セットの中身と必要な物の比較をしてみると…

 

避難時の安全対策上の頭の保護と歩行補助

 

SHELTERシリーズにオサメットがセットに入っている防災セットがあるのでこちらに記載します。

 

ヘルメットまたは防災頭巾 オサメットのように収納が楽でヘルメットが折りたたみ式のものもありますが、強度的には一体型がおすすめです。
丈夫な杖 足を痛めている方、高齢者には転倒防止に必需品です。

 

・津波とかの危険がある地域では沢山走るので、ヘルメットよりは頭に密着する綿入り頭巾のほうが走りやすいです。

 

・ヘルメットや頭巾が無いときは、座布団とかイスのクッションで頭を保護しましょう。

 

・手はふさがりますが、瓦礫につまづいて転んだときにクッションになってくれる場合もあります。

 

・杖は折りたたみ式ではなく、避難時は1本物が壊れなくて良いです。

 

※ご高齢者の避難誘導は杖の他に手を引いて避難してあげてください。

 

 

避難時の持ち出し品の入れ物は?

 

・走りやすさや転倒時の安全確保に、両手をできるだけ空けられるものをお薦めします。

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

・各リュックサックの機能性についても比較しています。

 

運搬

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

リュックサック

35L

35L

35L

24L

27L

推定30L

30L

ベルトクッション

-

チェストベルト

-

-

カートタイプ

-

-

-

-

-

-

予備バッグ(ショルダーなど)

-

-

-

-

-

-

-

 

各リュックサックの形状

SHELTER

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

SHELTERシリーズ35Lリュックサック ラピタプレミアム24Lリュックサック ものすごい3WAY27Lリュックサック 水に浮くリュックサック Defendリュックサック
レッド、タ-コイズ(水色)、オレンジ、ブラックの4種類 ブラック、レッド、ブルー、グリーンの4種類 レッド、ブラックの2種類 レッド、ブルー、ブラックの3種類 レッド1色のみ

 

※ものすごい防災セットのスライドハンドルは長さ調節可能(地上からの高さは99/88/83/78cm)・収納できます。

 

 

・背負うリュックサックが避難時にはベストです。

 

・要撥水加工、反射板付きも夜間の歩行の安全に重要です。

 

・買い物用や旅行用も含めてカート型は早く走って避難するのには不向きな面があります。

 

・カート形は暴風雨、洪水では、場合によっては失ってしまう可能性があります。

 

・カートは、給水での給水バッグやビニール袋代用での重い水の持ち運びに利用したほうが良いです。

 

・カートは、キャスターよりも車輪が大きい方が瓦礫や地面の亀裂に有利です。

 

 

カメラ、ライト、ラジオ、充電機器類は?

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

機器類

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

小型カメラ(スマホ)

-

-

-

-

-

-

-

乾電池式AM/FM携帯ラジオ -

-

-

-

-

-

-

イヤホン

-

-

-

-

-

-

-

乾電池式懐中電灯

-

-

-

-

-

-

-

モバイルバッテリーor乾電池式充電器

※1

※1

※1

※1

※1

※1

※2

乾電池

単三4本

単三4本

単三4本

単三4本

単三4本

-

-

手回しダイナモ多機能ラジオライト

ヘッド型ライト

-

-

-

-

-

-

-

乾電池式ランタン

-

※3

 

LA・PITA ダイナモ多機能ラジオライト Defend ダイナモラジオLEDライト LA・PITA 乾電池式高輝度ランタン
LA・PITA ダイナモ多機能ラジオライト Defend ダイナモラジオLEDライト LA・PITA 乾電池式高輝度ランタン

 

 

※1 手回しダイナモ多機能ラジオライトに蓄電機能(USB可)があります。

 

※2 手回しダイナモ多機能ラジオライトに蓄電機能(ソーラ充電、USB可)があります。

 

※3 手回しダイナモ多機能ラジオライトがデスクライト型に変形できます。

 

 

・小型カメラはスマホでも良いのですが、できれば水没しても大丈夫な防水タイプを別に用意するのがおすすめです。

 

・ラジオやライトは、電池式のほうが連続使用時間が長いので使いやすさがあります。

 

・モバイルバッテリーまたは乾電池式充電器はスマホ充電でダイナモを手回しする煩雑さがないです。

 

・防災セットでの手回しダイナモ多機能ラジオライトは汎用性があり、とりあえず持ち出しと割り切って考えればOKですが、他メーカー品であれば蓄電できるタイプがおすすめ。

 

・なお、防災セットでの手回しダイナモ多機能ラジオライトはイヤホンが使えません。

 

 

持ち出し品に必要な保存食や保存水、食事用品は?

 

2~3日分の備えが目標です。

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

食料・飲料水

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

最低限3食分の保存食

-

500mlペットボトルの飲料水 -

3本

3本

5本

3本

3本

4本

ウォーターバッグ(給水用)

6L

6L

6L

10L

6L

6L

5L

ヒートパック(発熱剤、水蒸気)

-

-

-

3回分

-

-

3回分

金属製マグカップor紙コップ

-

-

-

-

-

-

-

ラップ

-

-

-

-

-

-

20m

アルミホイル

-

-

-

-

-

-

-

350ml缶入り野菜ジュース

1本

-

-

-

2本

2本

-

お菓子、チョコレート、副食

-

紙皿

-

-

-

-

-

-

12枚

割り箸、スプーン

-

五徳ナイフなど

-

-

-

-

-

-

-

赤ちゃんが居る場合の用品

-

-

-

-

-

-

 

 

保存食・アルファ米 保存水 ウォーターバッグ モーリアンヒートパック
保存食・アルファ米 保存水 ウォーターバッグ モーリアンヒートパック

 

ディフエンドさんの防災食事関連グッズ

ディフエンドさんの防災食事関連グッズ

 

ベビー用品として、

 

・使いきり哺乳ボトル チューが4本と・かんたん湯沸かし器POT(5回使用可)

 

使いきり哺乳ボトル チュー

使いきり哺乳ボトル チュー

消毒不要で、すぐに使えます。ミルクの吸出し量が3段階にコントロールの250mlジャバラ式ボトル

「アットレスキュー」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

※簡易スプーンがアルファ米パックに付属

 

・モーリアンヒートパックMサイズを使って温めると、アルファ米(要、水160ml)が約15分で食べられるようになりますが、別に80mlの水が必要です。

 

・ラップは様々な活用ができるので有ると便利ですよ!

 

 

寝具、着替え

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

◎印は上級なタイプ

寝具、着替え

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

アルミブランケット

-

エアーマット -

目かくしポンチョ

アイマスクと耳栓

-

-

-

-

-

-

簡易寝袋

-

-

毛布・圧縮ブランケット

-

-

-

-

-

-

アルミホイル

-

-

-

-

-

-

-

着替え衣類

-

-

-

-

-

-

-

下着、靴下

-

-

-

-

-

-

-

衣類圧縮袋

-

-

2枚

1枚

1枚

-

-

防寒着

-

-

-

-

-

-

-

帽子

-

-

-

-

-

-

-

 

 

アルミブランケット ◎LA・PITA 不織布付きエアーマット LA・PITA エアーマット Defend エアーマット
防災セットのアルミブランケット LA・PITA 不織布付きエアーマット LA・PITA エアーマット

 

目かくしポンチョ アイマスク 耳栓 簡易寝袋 圧縮ブランケット
防災セットの目かくしポンチョ 防災セットのアイマスク 防災セットの耳栓 防災セットの簡易寝袋 防災セットの圧縮ブランケット

 

 

・アルミブランケットは体温を逃がさなく、風も通さないので体温の低下を防ぎます。

 

・エアーマットは、フワフワで寝心地がよく、中に入れた空気が床のヒンヤリを遮断、体温の低下を防ぎます。

 

・赤ちゃんがいる場合は、肌触りの良い不織布付きエアーマットとモフモフ「圧縮あったかブランケット」がおすすめ。

 

・アイマスクと耳栓は、避難所での騒音(イビキ)や人の動きを遮断! 安眠に欠かせません。

 

・帽子を忘れた場合は、見た目を気にしないでタオルを頭にほっかぶり。

 

※タオルは次の衛生・エチケット関連で加えています。

 

 

衛生・エチケット関連では?

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

衛生・エチケット関連品

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

携帯簡易トイレ

3回分

3回分

3回分

3回分

3回分

3回分

3回分

ポケトティシュ -

-

トイレットペーパー

-

-

-

-

-

-

-

大判体ふきシート(ノンアルコール)

70枚

70枚

70枚

70枚

70枚

70枚

70枚

ウェットティッシュ

-

-

-

-

-

-

-

タオル数枚

-

-

-

-

-

-

-

てぬぐい

-

-

-

-

-

-

-

マスク

救急キット

ガーゼ、包帯等

-

-

-

-

-

-

-

三角巾

-

-

-

-

-

-

-

テーピング

-

-

-

-

-

-

-

消毒薬

-

-

-

-

-

-

-

個人常備薬

-

-

-

-

-

-

-

整腸剤

-

-

-

-

-

-

-

水のいらないシャンプー

-

-

-

-

歯ブラシ

-

-

-

-

-

-

歯みがきティッシュ

-

-

-

-

-

-

女性用・衛生、エチケット用品

-

-

-

-

-

-

乳幼児衛生用品

-

-

-

-

-

-

制汗剤

-

-

-

-

-

-

-

日焼け止め

-

-

-

-

-

-

-

男性のヒゲソリ

-

-

-

-

-

-

-

携帯洗濯セット

-

-

-

-

-

ポータブルウォシュレット

-

-

-

-

-

-

 

 

LA・PITA 携帯簡易トイレ Defend 携帯簡易トイレ 体ふきシート マスク
LA・PITA 携帯簡易トイレ Defend 携帯簡易トイレ 体ふきシート マスク

 

LA・PITA 救急キット Defend 救急キット 水のいらないシャンプー・歯みがきティッシュ 女性用・衛生、エチケット用品
LA・PITA 救急キット Defend 救急キット 水のいらないシャンプーと歯みがきティッシュ 女性用・衛生、エチケット用品

 

LA・PITA 洗濯パック・衣類圧縮袋 Defend 洗濯セット ポータブルウォシュレット

 

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

ヘビー用衛生用品

「アットレスキュー」様から画像掲載の許可を頂いております。

 

 

・一番困ってくるのがトイレ問題。絶対的な必需品です!!

 

・ウェットティッシュでアルコールを含んでいるタイプのものは、ちょっとした傷口の周りを拭けます。

 

・ノンアルコールと含アルコールタイプのウエットティッシュがあればより良いです。

 

・タオルは、夏でも冬でも首に巻きましょう! 何よりも頚動脈の保護です。それから夏は汗取り、冬は体温低下を防ぎます。

 

・手ぬぐいは、タオルよりも包帯やガーゼ、三角巾の代わりになります。

 

・チューインガムも集中力アップや眠気防止、口の中を多少きれいにしてはくれそうですが、ポイ捨ては「軽犯罪法違反」になります。

 

 

防犯、居場所知らせるグッズは?

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

◎印は上級なタイプ

防犯、居場所知らせるグッズ

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

ホイッスル

防犯ブザー -

-

-

-

-

-

-

ケミカルライト

-

-

-

-

-

-

-

 

 

LA・PITA ホイッスル Defend ホィッスル 防犯ブザー ケミカルライト
LA・PITA ホイッスル Defend ホィッスル 防犯ブザー ケミカルライト

 

 

・夜間や視界の悪いとき、捜索隊やレスキューに居場所を知らせるのに必需品です。

 

・小さいモノなので無くさないようにストラップで首からぶら下げるのが理想的。

 

※ケミカルライトはSHELTERキッズ用に入っています。

 

・ケミカルライトは、孤立したとき、特に夜空にヘリコプターが近くに見えたら大きく振りましょう!

 

 

雨具は?

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

◎印は上級なタイプ

携帯用雨具

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

フード付きビニールレインコート

折りたたみ傘

-

-

-

-

-

-

-

 

フード付きビニールレインコート

フード付きビニールレインコート

 

 

・雨に濡れて体温が下がるのをできるだけ防ぎましょう!! 避難時に風邪をひかないように。。。

 

 

その他の雑貨は?

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

◎印は上級なタイプ

その他の雑貨

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

ゴミ袋、ビニール袋

-

-

-

-

-

-

-

丈夫なヒモ3mくらい

-

-

-

-

-

軍手

-

皮手袋

-

-

-

-

-

-

スリッパ

-

-

-

-

-

-

レジャーシート

-

-

-

-

-

-

-

携帯用折りたたみイス

-

-

-

-

-

-

-

洗濯バサミ/td>

-

-

-

-

-

-

-

風呂敷

-

-

-

-

-

-

-

買い物袋

-

-

-

-

-

-

-

ウチワ、扇子

-

-

-

-

-

-

-

100円ライター

-

-

-

-

-

-

-

サングラス

-

-

-

-

-

-

-

 

ヒモ3m 軍手 皮手袋 スリッパ
ヒモ3m 軍手 皮手袋 スリッパ

 

・ゴミ袋やビニール袋は必需品中の必需品!

 

・皿を入れられる大きさのビニール袋は、ラップよりは破けやすいですが皿を入れて使うことで、お皿を水で洗う必要がなくなります。

 

・50リットルとかの大きいビニール袋は2、3枚重ねることで給水タンクの代わりになります。たくさん水を入れたいところですが、重くて運び難くなります。目安としては、半分くらい。

 

・買い物袋は切って展開することで、吸湿シートやタオルがあればオムツの代用品が作れます。

 

・買い物袋は、一度クシャクシャにしてから懐中電灯のレンズに「ぼんぼり」のようなイメージで膨らませて被せます。懐中電灯を吊るすとランタンというか「あんどん」のように広範囲をぼんやりと照らします。

 

・ヒモはとにかく持っていた方がいいです。短く切るハサミかナイフがあればよりイイですね。

 

・折りたたみイスは、順番待ちとかちょっと休みたいときにイイですよ。

 

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

LA・PITA SHELTER の防災グッズいろいろ

 

 

Defendさんの防災グッズ

Defend 防災グッズいろいろ

 

防災マニュアルなど

 

※「絶対に必要なもの」と「あれば便利」の優先度に分けています。(濃いピンク色は必要性が高い物)

 

防災マニュアル

SHELTER

女性用MEGUMI

ファミリーベビー

ラピタプレミアム

ものすごい

水に浮く

Defend Relief

防災冊子など

-

-

-

-

-

-

ライフハック関連のハンドブック

-

-

-

-

-

-

-

 

 

Defend防災マニュアル

PDFダウンロード版・Defend防災マニュアル

※商品発送時にDefendさんからメールでPDFダウンロードの案内が来ます。

 

 

・ライフハックなどの「生活の知恵」を身につけて、災害時の持ち出し品を上手く代用しましょう!

 

※ケガの処置はあくまでも応急処置で治療にはなりません。

 

※骨折や止血は、知識がないと応急処置にはなりません。

 

※できるだけ早く医療機関で診てもらいましょう。

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

 

【人気の防災セット・ラピタ・ディフェンド全19種類の比較と非常時に本当に必要な防災グッズとは?】今日も匍匐前進

LA・PITA ラピタプレミアムの防災グッズいろいろ

 

 

 

 

 

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

 

 

車載用防災セット・帰宅困難者用防災セットについて

 

車載用と帰宅困難者用防災セットの中身は?

 

 

車載用に特化して企画開発された「車載防災セット・カ-セ-バ-」と「帰宅困難者用防災セット・エマージェンシーバッグ15点セット」のセットの中身を一覧表で見られるようにもしました。。

 

 

18) LA・PITA 「車載防災セット・カ-セ-バ-」のセット内容一覧表

 

LA・PITA 「車載防災セット・カ-セ-バ-」のセット内容一覧表

 

 

車載防災セット・カ-セ-バ-のリュックサック

 

 

大きな特徴は、次の2点です。

 

 

①リュックサックが緊急時の三角反射板に。

 

リュックサックの背面は、一般道での緊急時の三角反射板として使えるようになっています。

 

車載防災セット・カ-セ-バ-の緊急時の三角反射板

 

※注意点は、 高速道路では道路交通法の三角停止表示板としては使えないそうです。

 

車載防災セット・カ-セ-バ-の仕様書

車載防災セット・カ-セ-バ-の仕様書

 

 

②緊急脱出用ハンマー

 

車載用ということもあり、緊急脱出用ハンマーが付いています。

 

サイズは約133×88×25mm、重量は約105gです。

 

車載防災セット・カーセーバーの緊急脱出用ハンマー

 

ガラスを割るだけではなく、シートベルトも切れるようにカッターが付いています。

 

 

さらに、圧縮あったかブランケットが入っているのもこのセットの特徴と言えます。

 

圧縮あったかブランケット

 

 

 

19) LA・PITA 「エマージェンシーバッグ15点セット」 内容一覧表(980g)

 

LA・PITA 「エマージェンシーバッグ15点セット」 内容一覧表

 

LA・PITA 「エマージェンシーバッグ15点セット」

 

災害で帰宅困難者になってしまったとき職場や学校のロッカーなどにこの帰宅困難者用防災セットを備えておくと心強いです。

 

LA・PITA 「エマージェンシーバッグ15点セット」の中身

 

 

私が気に入っているのは、次の2点です。

 

 

①ダイナモLEDライト

 

気になる防災グッズの一番目は、ダイナモLEDライト (ハンドルプッシングライト)です。

 

写真でライト本体の上の部分は手押しでダイナモ発電するノブです。

 

LA・PITA 「エマージェンシーバッグ15点セット」のダイナモLEDライト

 

 

本体内部に蓄電できるので、割と楽に使えます。

 

電池要らず、しかも小型軽量!!

 

遠くを照らすのは無理ですが、手元を見たり、合図するのには十分使えます。

 

LA・PITA 「エマージェンシーバッグ15点セット」のダイナモLEDライト

 

 

②FMラジオ(電池別売)

 

細長い形状で、ポケットに入れやすいです。

 

こちらは、イヤホンで聴くようになります。

 

LA・PITA 「エマージェンシーバッグ15点セット」のFMラジオ

 

単四乾電池2本を使います。(※別途準備)

 

 

8徳ナイフ、レインコート、使い捨てカイロ、ウエットティッシュやちょっとした保存食が付いているのもありがたいです!!

 

LA・PITA 「エマージェンシーバッグ15点セット」の8徳ナイフ

持っていると役に立つ8徳ナイフ

 

 

その他にも、防災の心得の小冊子も付いてきます。

 

防災の心得の小冊子

防災の心得の小冊子

 

 

 

 

 

 

「LA・PITA」さんの防災セット・防災グッズは、直営店の「アットレスキュー」さんの公式ページから通販で取り寄せることができます。

 

※注文が殺到いるようです。現在2018年7月時点での注文後、入手までに時間が掛かります。
※こちらの防災セットを揃えられる方は、在庫を確認の上、早めの注文が良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

☆まとめ☆彡

 

 

災害発生した直後から私達民間人は、大地震や洪水の危険かを自分自身で身の安全を守ることと、その後の支援物資供給体制、ライフラインや物流の回復が成されるまで避難所やご自宅でじーっと耐えるしかなのです。

 

何らかの自己防衛策として、持ち出し品の準備と1週間くらいの食料と飲料水、生活用水の備蓄をすることを農林水産省と首相官邸から呼びかけられています。

 

先ずは、こちらの備えが一番肝心なことかと思います。

 

 

次に、市販されている防災セットの必要性と言うことですが、、、。

 

非常時の緊急避難とはいえ最低限の生活必需品も持ち出して避難しないと、避難状態が長引いたときに困らないようするためのものです。

 

絶対に持ち出さなければならないのは、個人的なもで身分証明になるものやクレジットカード、お金、キャッシュカードなど物の購入や財産に関わるものです。

 

 

次に、スマホ(カメラ)、ラジオ、懐中電灯、充電器の類と食料と飲料水、簡易トイレなどです。

 

 

防災セットのコンパクトで軽量な便利グッズを同時に持ち出せれば、なお避難時の行動や情報収集、損害記録の助けになります。

 

 

自作の防災セットでも手際よく揃えられるのでしたら、それも当然アリです。

 

しかしながら、コンパクトで軽量なグッズを買い揃えたりする煩雑さと、結果的には高い物になってしまうこともありがちです。

 

 

また、お住まいの日用雑貨品などをかき集めて防災セットを準備したとき、長い保管期間で何気なく中身の道具を使用して元に戻さなかったり、食べてしまったりで、折角揃えた中身が風化してしまい、いざという時に有ったハズの物が無くなっていたということもあります。

 

 

普段は絶対に使わないモノと決めて、避難用として特化した防災セットを準備、保管されることをお奨めします。

 

 

防災セットの中身で、結局、避難時に使わないモノも幾つかあるかもしれませんが、「備えあれば憂いなし」。

 

このページで例に挙げた防災セットは、防災士さんが災害時の状況を幅広く想定し、熟考して揃えられた防災用品です。

 

保存食はあと3食分くらいと保存水は1.5リットルをできれば足してください。

 

「SHELTER」や「Defend」の防災セットでも十分です。

 

「さらに充実した防災グッズを」と思われれば、「ラピタプレミアム」のセット内容で十分です。

 

それらのセットで足りないモノは、日用雑貨で代用できます。

 

ここで例に挙げた防災セットはきっと自然災害の緊急避難時には様々な場面で役に立ちます。

 

 

 

 

 

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】